てるひこ日記

アプリケーションとは

 
アプリケーションとは

アプリケーションの意味
アプリケーション(Application)とは、OS上にインストールして利用するソフトウェア全般のことを意味する言葉です。 私たちがスマートフォンやパソコン・タブレットを使って何かをする時は、必ず何らかのアプリケーションを起動して作業をしています。

 

スマホにも入ってるアプリケーション

昨今ではスマートフォンの登場をきっかけとして、アプリケーションをアプリと略す傾向が強いですが、パソコンやインターネットの世界ではむしろソフトと略されてきた歴史があります。 エクセルは表計算アプリではなく表計算ソフト、ワードは文書作成アプリではなく文書作成ソフトと呼ぶほうが一般的です。 また、アプリケーションの機能を後から補うために追加されるソフトもあり、こちらはアドオンやプラグインと呼ばれています。

 

アプリケーションはOSごとに作られる

アプリケーションを動かすには、その元となるソフト=OSが必要です。 パソコンで言えばWindowsやMac・UNIX、スマートフォンで言えばアンドロイドやiOS(アイフォンのOS)がそれに当たりますが、アプリケーションはそのOSごとに作らなければいけません。

 

OSのシェアがアプリ開発を左右する

「ゲーム機とゲームソフトの関係」に似ていると考えれば分かりやすいと思います。 つまり、より普及したOSに対してアプリも作られるため、パソコン市場ではWindowsが、スマートフォン市場ではアンドロイドがアプリケーション作りの最も活性化する土台となるわけです。

 

アプリケーションとコンテンツの違い

アプリケーションは基本的に、「webページを閲覧する」「誰かとコミュニケーションをとる」「写真を加工する」といった何らかの作業をするためのソフトウェアです。ブラウザ・LINE・リマインダーなどがその代表です。 一方、コンテンツとは写真や動画、デジタルコミックなどアプリケーションを通して出来上がった作品一つ一つを指します。 ただし、ゲームアプリなどはコンテンツとしての側面もあるため、厳密にその境界を決めるのは難しいとされています。