BBQ用品一覧

 

バーベキューを楽しく快適にするためには万全の準備が必要になります。バーベキュー場によってはレンタル出来るものもありますが、
バーベキュー場によって異なるのでまずは確認を。下に挙げている持ち物の中でも、レンタルできるものはレンタルし、
バーベキュー場に無いものだけ持参したほうが楽になります

 

 

グリル、コンロ

大概のバーベキュー場でレンタルしています。万が一なかった場合はバーベキューそのものが出来ないので確認が必須です。
レンタルなどを行っていない場合は、人数に応じたサイズなど確認し持っていきましょう。

 

 

鉄板・プレート・網

グリルやコンロをレンタルしているバーベキュー場では大概セットでレンタルできます。
レンタルなど行っていない場合はグリルやコンロのサイズに合わせて持参しましょう。
念のため交換用の網などあると万全です。

 

 

コンロやグリルのレンタルがあるところでも、自分たちで用意しなければいけない場合があります。
バーベキュー場などに確認を行いましょう。グリルやコンロのサイズに十分な量を用意しておきましょう。

 

 

皿、コップ

皿やコップは紙皿や紙コップなど使用したら捨てられるもののほうが洗う手間などなくて楽です。
インスタ映えなど、写真にこだわる人は皿やコップなどもおしゃれなものを用意しましょう。

 

 

基本、割りばしがあれば問題ありません。使い終わったら捨てられますし、洗う手間もありません。
食材を調理するときにも使えますし、あると便利です。

 

 

軍手

バーベキューの準備から片付けまであるのとないのとでは大違いです。けがのリスクも減るので、人数分用意しておきましょう。
ゴムなどの滑り止めなどがついてしまっていると、溶けてしまうなどの心配があるので、ノーマルなシンプルな軍手でOKです

 

 

トティッシュ、キッチンペーパー

手を拭くときや何かをこぼしてしまった時などあらゆる場面で使用します。沢山使用することが想定されるので、
1ロールは用意しておいたほうが良いでしょう。

 

 

お肉、野菜などの食材

バーベキュー場のプランに食材があるのかを確認して、必要に応じて用意しましょう。バーベキュー場で食材などが用意されている場合でも、
自分達が食べたいものがない場合は追加で用意することが必要です。

 

 

イス、テーブル

食事の時はもちろん、疲れた時など休む時に必要になります。ドリンクなどはテーブルがないとずっと持っていなくてはいけなくなってしまうので、
可能であれば折り畳みで軽く持ち運びが容易なテーブルを用意しましょう。

 

 

クーラーボックス

肉や野菜などの保存に便利です。夏など熱い時には、飲み物を冷やしておくことも出来ます

 

 

レジャーシート

いすがなくてもこれがあれば座ることが出来ます。地べたにそのまま座ると汚れてしまいますし、荷物や食材などを置くことも出来ます。